矯正治療のご案内 / マウスピース型矯正装置による治療(インビザライン)

治療期間も美しく過ごしたい、でも治療もあきらめたくない。
そんな方へに最適な装置です。
口腔内スキャナーの導入で、より快適になりました。

マウスピース型矯正装置による治療とは

取り外し可能なマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で、マウスピースを交換することで、少しずつ歯を動かしていく方法です。この方法は、最近多くのメーカーで作製されていますが、当院ではインビザラインシステム(薬機法対象外)を使用しています。
また有本矯正歯科では、iTeroを導入しています。口腔内スキャンを行うことで、より精密に快適に治療を受けていただくことが可能になりました。インビザライン完成物は日本の医療機器法対象外であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。尚、インビザラインマウスピースの素材については、薬事法対象です。

マウスピースによる矯正治療でも、治療方針は変わりません。

奥歯(臼歯)を立て直すことによって、歯をできるだけ抜かない治療を行います。そのため、マウスピースを装着する前に奥歯に矯正装置を装着することがあります。

インビザライン® システムの詳細については、米国アライン・テクノロジー社 のwebサイトをご覧ください。

マウスピース型矯正装置による治療の利点

1. 歯みがき、フロスが簡単にできる。
2. 見た目にきれいで、矯正治療していることがわかりにくい。

実は、今までの矯正治療では不可能であった治療を可能にする場合があります。

3. 結果を具体的に予測して、歯を動かすことができる

このため、ワイヤーやゴムで引っ張って動かすよりも無駄のない動きをすることができます。

4. 歯の保護ができる

かみ合わせが深い方、歯ぎしりや、噛みしめ癖、軽度の顎関節症がある 方は、ご自分の癖で歯を痛めてしまう場合があります。通常の矯正治療では、歯を守りながら治療することができないので、非常に難しい面が ありましたが、マウスピース型矯正では、歯をすべてマウスピースで覆いますので、歯を守りながら治療することが可能になります。

初診のお申し込みはこちら
インターネット予約 https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=563