スタッフBlog

歯のこと 2019.02.15

歯に固定する装置って??👩(大人の矯正治療編)

柏原

今回のブログは矯正装置の中でも、歯に装置を固定する取り外しのできない装置について詳しくお話ししていきますね🎵

ところで皆さん!!

歯に固定する装置ってマルチブラケット(ワイヤーを通す装置)だけだと思っていませんか⁉️

私は矯正歯科のスタッフとして働くまで、矯正装置はマルチブラケットしか見たことがありませんでした。
その為矯正治療で使う装置って、マルチブラケットだけだと思っていました。
スタッフとして働き始めて、こんなに装置の種類があることにびっくりしました😳‼️
このブログで、全ての装置をご紹介することは難しいので、装置の種類等について簡単に説明しますね。

当院では、治療スタート時からいきなり全顎にマルチブラケットを装着するケースはあまりありません。
その方の歯並びにもよりますが、大体の方は奥歯を移動させるための固定装置が奥歯につきます。
奥歯に装着する固定装置を何種類か使用し、奥歯の状態が整ってから最終の固定装置としてマルチブラケットを全顎に装着します。

上顎にそってワイヤーが一本入ります。
唇の内側にワイヤーが一本入ります。

奥歯の装置のみが装着されている時期は、それほど装置は目立ちません!
マルチブラッケットも、メタルorクリアのどちらを選択するのか、ワイヤーをとめるゴムの色をどうするのかによっても雰囲気は大きく変わります👀‼️
ゴムの色は来院された際に毎回交換致しますので、その時の気分によって決めていただけます。
夏は青と白のマリンカラー🐠、秋はオレンジと黒のハロウィンカラー🎃、冬は赤と緑のクリスマスカラー🎅と季節を楽しむ方も多くいらっしゃいます。

メタルブラケット
クリアブラケット
クリスマスカラー
柏原のおすすめパステルカラー

固定装置といってもいろんな種類がございます。
どの装置を装着するのかは、治療開始の資料(お写真・歯の型・レントゲン等)をとってから先生が判断します。


そして私が考える固定装置のメリット・デメリットは以下になります⇩

★メリット★
・取り外し等の手間がかからない。
・装置を無くす可能性が低い。
・マルチブラッケットのゴムの色を自由に選択できるので、アレンジをして楽しむことが出来る。

☆デメリット☆
・装置が目立つ。
・歯磨きが難しい。(歯磨きの仕方を指導しております。)
・装置の形状が変わるたびに違和感が出る。(数日で慣れていただけます。)
・装置が粘膜等にあたりお痛みが出ることがある。(調節に来て頂くと治ります。)


どうでしたか?皆さんの中の固定装置のイメージが変わりましたか?
装置は他にもございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください(*^O^*)

初診のお申し込みはこちら
インターネット予約 https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=563