スタッフBlog

日記 2020.01.14

口呼吸を治そう!

歯科衛生士 前さこです。

みなさんこんにちは

ところで、みなさんはお鼻で呼吸できてますか?

口呼吸チェックしてみましょう

この中で自分に当てはまるものはありますか?

⭐︎ ポカンと口が開いている

⭐︎ 口を閉じるとあごにシワができる

⭐︎ 朝起きた時にのどがヒリヒリする

⭐︎ 寝ている時にいびきや歯ぎしりをする

⭐︎ 激しいスポーツをしている

⭐︎ くちびるがいつも乾いている



どうでしたか?

一つでも当てはまるものがあれば、口呼吸をしている可能性があります😎

口呼吸で起こりやすくなる病気

口を開けてるいるだけ、と思うかも知れませんが、口呼吸をしていると口が病気の入り口になってしまいます。
口呼吸をしていると、お口の中を潤わせているだ液が減ってお口が乾燥しむし歯や歯肉炎になりやすくなります。

どうして口呼吸になるの?





口呼吸がくせになってる人は、自分では口を閉じているつもりでも、気づかないうちに開いてしまいます。

口を閉じる為には、口の周りや舌などの様々な筋肉を使わなければなりません。



赤ちゃんのときは鼻呼吸しかできないので、みんな上あごに舌がついています。

ところが、成長するうちに生活習慣などの影響でだんだん舌が下がってしまいます。

そうすると、口が開いてしまい口呼吸になってしまいます。

舌の位置を上げる事がとても大切なのです!

       ✨舌の正しい位置✨

あいうべ体操で口呼吸を治そう!





あいうべ体操で口の周りや舌の筋肉をきたえることによって、口が閉じやすくなり口呼吸を鼻呼吸に変える事ができます。

あいうべ体操やり方♪

⭐︎一つの動作につき4秒キープ

⭐︎できるだけ大げさにお口を動かします

⭐︎1日30セットを目標に!



ぜひやってみてくださいね!

⭐️歯並びや舌癖についての初診相談をご希望の方は»コチラからご予約可能です⭐️

 

初診のお申し込みはこちら
インターネット予約 https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=563