スタッフBlog

日記 2020.06.02

私たちの強い味方❗️滅菌器ラインナップのご紹介😆

衛生士 田中🐱

みなさんこんいちは!近頃日差しが強くなり汗ばむ日も増えてきましたが、いかがお過ごしですか?
新型コロナウイルスの影響で「STAY HOME」 を続けられている方も多いのでしょうか?
有本では5月のゴールデンウィーク明けから通常診療を行っておりますがこれまで行ってきた滅菌や消毒作業に加え感染予防対策の徹底を行なっております✊

今回のブログは有本で毎日使用している滅菌器のご紹介です😆✨
有本では3台の滅菌器を使用し常日頃から器具の滅菌に努めていますが、今回は私の個人的感想を踏まえながらご紹介させていただきますね✌️

No.1 頼れる兄貴的存在❗️オートクレーブ滅菌器😎

オートクレーブ滅菌器とは高圧蒸気を利用した滅菌システムです!
歯科では一般的によく使用されている滅菌器だと思われます。
こちらの長所は最大132°もの高温で滅菌が可能な事と、クリーニングや歯の切削に使われるハンドピース類の滅菌が可能な事です❗️
また、金属製品以外のプラスチック製品類の滅菌も可能なものが多く、短時間で滅菌と乾燥までこなす頼りになる存在です😆
短所といえばパワフルなパフォーマンスをするが故、滅菌終了直後はとても熱くすぐに使用するのが厳しいことです😩

No.2 金属製品は任せたぞ❗️乾熱滅菌器😆

乾熱滅菌器とは、乾燥空気中で加熱することによって微生物を滅菌する方法です❗️
加熱した空気を循環させて乾燥高温状態を保つ事で微生物や細菌の滅菌を行います✨
乾熱滅菌器の長所は水分を使用しない滅菌方法なため、金属器具を劣化させずに滅菌ができる事です✌️
有本でも沢山の金属器具を使用するため、この乾熱滅菌器を頻繁に使用しています😁
また乾熱滅菌器は滅菌直後の器具も比較的すぐに使用できるぐらいの温度で仕上がるので、滅菌後すぐに器具の使用が可能で助かります✨
短所といえば、オートクレーブに比べると滅菌時間が長くかかるところです⚡️
器具に優しく便利な乾熱滅菌器ですが、急ぎの滅菌には向いていないのが惜しいところです😓

No.3 ボス的存在‼️EOG滅菌(酸化エチレンガス滅菌)😤

EOG滅菌(酸化エチレンガス滅菌)とはエチレンオキサイドを直接流通させることによって微生物を殺滅する方法です。
先にご紹介したオートクレーブや乾熱滅菌器に比べはるかに低温で作用できるため耐熱性の少ないゴム製品、プラスチック類、光学器械類などの滅菌に用いることが可能です❗️すなわち滅菌界の何でも屋と行ったところでしょう😎
どんなものでも滅菌が可能なEOG滅菌ですが、大きな短所があります😓それは.…
滅菌処理に要するコスト、時間が比較的大きく、また、滅菌後の残存ガスの除去などに注意が必要な事です⚡️
有本ではオートクレーブや乾熱滅菌が使用できない耐熱性のない器具などの滅菌をEOG滅菌で毎日行っていますが、前者に比べると使用頻度は少ないのが現状です😌
ですが有本にはなくてはならない存在の滅菌機です❗️

以上3台の滅菌器をご紹介しましたが、実はこれ以外にも有本では消毒システムを取り入れ、日々目に見えない細菌やウイルスを除去すべく戦っています‼️
私の個人的なお気に入りは乾熱滅菌器で、やはり滅菌後すぐに使用できるのが魅力的です😍笑

新型コロナウイルスの感染が落ち着きだした今だからこそ、今後感染をさせない、広げないためにさらに徹底した予防対策に努めて参ります😁✊
院内の窓や扉を開放し診療を行なっているため、これからの季節新型コロナウイルスだけでなく暑さや湿度との戦いにもなりそうですが、十分な水分補給を行い皆さんもお体に充分ご自愛ください✨

初診のお申し込みはこちら
インターネット予約 https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/?id=563